cocorozasi.

- shumi wo mitsukeru tabi -
<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
久々に紹介を。
今日は久々にcomic紹介。
'89〜'97年の8年間に渡って連載された漫画。
「精霊使い」
当時角川書店から発行されたコミックは全4巻で使用用紙のsizeは今ではほとんど見かける事の無い210×168。
今回はヤングマガジン編集部から再版。
第3巻には書き下ろし「チトノジンシ」8P収録。
連載が終わってから10年ぶりに描かれる「精霊使い」のその後。

主人公「覚羅」が「精霊使い」の頂点「エーテル」として目覚める。
想い人を取り戻すために異世界でぶつかりあう。
有名絵師団CLAMPが尊敬する岡崎武士の傑作。
| comics | 23:59 | comments(0) | - |
密やかな密やかな夢を見続け
はい!って事で第二回目。
今日は何にしようかな。
やっぱこれか!!
「喧嘩商売/ヤングマガジン」
あれは感動とかではなく純粋な争いの為の漫画。
主人公:佐藤十兵衛は元々虐められっ子だった。その彼が鍛え上げた体と技、なによりも頭を使った喧嘩を繰り広げる爆笑格闘大河ロマン。

言ってしまえば下ネタと盗作疑惑満載の漫画。
けど、そんなおふざけも入りつつ実は作家のものすごい知識が溢れ出ている漫画。
作画はPCで行っているのでもちろん綺麗で読みやすいと思う。ただし残念なくらい下ネタが多いので苦手な人は読まない事に越した事は無いかと…
| comics | 22:40 | comments(1) | - |
新カテゴリー発足
つーわけでたまには漫画の話でもしよっかなっと。
皆に紹介したり紹介してもらえたらいいなぁなんて思いつつ。
ってことでこのカテゴリーの名前は「漫画」で決定。
まんまなのは嫌だからなんかひねったの付けようと思ったんだけど駄目っした。

よーし第一回目は今読んでいる。
「ONE PIECE/ジャンプ」
第一回に相応しいんじゃないでしょかね。まぁまだ巻六までしか読んでないわけですが。
ここまでのメイン登場人物はもちろんこの人「ルフィ」、「ゾロ」「ナミ」「ウソップ」。そして丁度海上レストランに入ったのです。
ここで「サンジ」登場。「ミホーク」も登場して個人的に好きな戦闘シーン(ゾロvsミホーク)が出てワクワクしたり「サンジ」の格好良さにスゲーと思ってました。
下原君&Keiちゃんが言ってた通り感動しますわー。とにかく泣き所多くて、一人一人が何か志すものを持ってて素晴らしいっていうのかな。
何故強いのか、何故強くならなきゃいけないのかが、すさまっじく簡単明解に描かれていて読みやすい!!
まだまだ集め始めて話しにも加われない駆け出しですが皆様にご紹介〜。
「ONE PIECE」
とっても良いです。


と、こんな感じで個人的に好きな漫画とか気になる漫画とか色々つらつらと独断と偏見で書いていこうかなっと思ってます。
もし「これオススメだよー!」とか「読むべき!!」って本があったらコメントでも実際に会った時にでも教えてくださいなー。
| comics | 21:43 | comments(0) | - |

RECOMMEND
小林賢太郎プロデュース公演 「good day house」
小林賢太郎プロデュース公演 「good day house」 (JUGEMレビュー »)

↑完成度の高さに感激。
何度でも観られる、イチオシのDVD。
RECOMMEND
opus 01
opus 01 (JUGEMレビュー »)
anonymass
↑気持ちが和む一枚。
「good day house」挿入曲入。
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
book log
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE
ADMIN